西条市で誕生日ケーキと和菓子なら「菓子工房心(和洋菓子心)」

西条市で誕生日ケーキと和菓子なら「菓子工房心(和洋菓子心)」
ホーム > 商品紹介 > 焼き菓子

焼き菓子

見出しをクリックすると詳しくご覧いただけます。

ごまらんたん 〜紬〜

【胡麻らんたん『紬(つむぎ)』の特徴】

バター100%で、しっかりとコクのある厚めのクッキー生地の上に、胡麻たぁーぷりのソースを流し入れ、芳ばしく焼き上げました。
胡麻やバターの芳ばしい香り、コクや旨味が、噛むほどに広がる、ほっこり和テイストなフロランタンです。
和の素材を取り入れた洋菓子が得意な心らしい、心ならではのフロランタン【胡麻らんたん『紬(つむぎ)』】是非ご賞味ください。

**…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…**

【名前の由来】

現在は、紬を織るには高度な技術がいるため高級品ですが、もともとは『絹糸にならない状態の繭』。
つまり不良品の繭から糸を取り、農民の間で自家用の仕事着として織り上げたものが紬です。
『紬』という漢字は、作りを見るとわかるように、より合わせたものを意味する『糸』と、中から引き出す意味を持つ『由』から構成されている、繭から糸を引き出すことを表した漢字です。
そのため、『紬』という字には『物事の糸口を引き出す』という意味があります。

そんな『紬』という漢字と、一つ一つの素材をいかし、繋ぎ合わせて作ること、ざっくりした食感や見た目と、微妙な焼き加減やキャラメリゼ具合の難しさ、技術、手間暇などが、紬織りと重なることから、『紬』と名付けました。

**…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…**

【豆知識として『フロランタン』とは?】

フロランタンはフランスの菓子です。

『ドイツではフロレンティーナと呼ばれるそう。
フロランタンは『フィレンツェの』という意味で、カトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世のもとへ嫁ぐ際にイタリアから伝えた。』

という説、

『 パリの製菓職人フロランが考案した、イタリアとは何の関わりもない菓子』

という説もあるんだそうです。

フロランタン、どちらが本当なのか?皆さんはどう思われますか?
お菓子の歴史、学び始めると面白いですね♪

西条市で誕生日ケーキと和菓子なら「菓子工房心(和洋菓子心)」
〒793-0010 愛媛県西条市飯岡2157-1
TEL/FAX:0897-47-7603
営業時間:10:00~19:00
休日:木曜日(祝祭日/イベント時は営業しております)